HOME

 PICkit2ライターでの書き込み 

 

1.最初にライターとボードを接続し、ライターをUSBで接続しておきます。

PICkit2ライターソフト(Ver2.40)を起動します。(起動後画面です)

MICROCHIPマーク下のOnチェックはチェックするとライターからボードに対し、右の電圧(3.0V)でVDD出力します。

ボード側で電源ONにしている場合は、Onをチェックしないでください。

 

2.Device FamilyにてPIC24を選択します

 

3.File - Import Hexをします

 

4.LedTest.hex等の書き込むファイルを選択します

 

5.Programmer - Write Deviceをおこなうとデバイスに書き込まれます。

下の Verify on Write

Hold Device in Reset

Write on PICkit Button (ライター本体のボタンでWriteが実行されます)

はチェックしておくとよいです。

MICROCHIPマーク下の/MCLRチェックはライターからのリセット出力です。

書き込み後 /MCLRチェックを外すとPICが動作を始めます。

 

inserted by FC2 system