HOME

 開発ツール

 ツールの紹介

 ● MPLAB IDE 統合開発環境です。これがあればプログラム開発とシミュレーターによるデバッグができます。ライター機能も搭載。

 ● MPLAB C30コンパイラ (Student版)   IDEがCコンパイルできるようになります。GCCベースで開発され、GNUライセンスとなっています。今までPICのCコンパイラは有料でしたがMPLAB C30は無料です。Student版なので一定期間たつと最適化に制限がでるようです。

 ● PICkit2 ICSPライターです。AVRでいうところのISPライターであり、わざわざ外してROMライターに挿して焼く必要はありません。PICkit2はデバッグ機能もあります。ただしMPLAB IDEがPICkit2にてライター機能とデバッグ機能をサポートしていないデバイスもあります。

 

 PIC24での使用について

 現バージョンのMPLAB IDEとPICkit2の組み合わせでは残念ながらPIC24はまだライター機能とデバッグ機能は使用できません。つまり、MPLAB IDEでプログラムを作成して、PICkit2の付属ライターソフトで書き込みます。

 余談ですがMPLABベータ版のv7.62にするとPIC18F2550の比較的新しいデバイスがMPLABとPICkit2の組み合わせでライター機能とデバッグ機能に対応しています。正確にはデバイス対応表をみてください。

 最新版のダウンロード先

  ・MPLAB IDE

   マイクロチップ社のサイトからMPLAB IDEを選んでページを表示します。

   [ MPLAB IDE v7.60a Full Release Zipped Installation ] をダウンロードしてください。

         バージョンが新しいものがある場合は、そちらをダウンロードしてください

        インストールする前に、以前のバージョンのMPLAB IDEをアンインストールしてください。

 

  ・MPLAB C30コンパイラ (Student版) アセンブラだけでプログラムを作る人は不要です

   マイクロチップ社のサイトからDevelopment Tools  の  Software  

   MPLAB C30 for dsPIC30/33 and PIC24 を選んでページを表示します。

   [ MPLAB C30 v3.01 Student Edition ] をダウンロードしてください。

   [ MPLAB C30 v3.01b C Compiler device update ] をダウンロードしてください。

         バージョンが新しいものがある場合は、そちらをダウンロードしてください

        インストールする前に、以前のバージョンのMPLAB C30をアンインストールしてください。

 

  ・PICkit2

     マイクロアプリケーション・ラボラトリーからPICkit2が購入できます。2007.9.現在税込 ¥6,510

     PICkit2購入時バージョンが古いライターソフトとファームかもしれません。

      下記のように最新のPickit2ライターソフトをマイクロチップからダウンロードしてPCで実行すると、

      ファームが古いとのメッセージをだしてくれるので、そこでファームを更新してください。

   マイクロチップ社のサイトからDevelopment Tools  の  Hardware  

       PICkit2 Programmer / Debugger  を選んでページを表示します。

       [ PICkit 2 V2.40 Install ]   をダウンロードしてください。ファームも一緒に同梱されているようです。

    もし同梱されていなければ別途ファームをダウンロードしてください。

        バージョンが新しいものがある場合は、そちらをダウンロードしてください

       インストールする前に、以前のバージョンのPICkit2 ライターソフトをアンインストールしてください。

 

 

inserted by FC2 system