HOME

●10MHz OCXO DATUM 105243-002の動作

・ハムフェア2011にて写真のような基板のOCXOを5000円で購入してきました。

・電源はDC24Vで、LinkmanのACアダプタDC24V 2.7Aを使用しました。

 

・オーブンによる筐体温度は46度くらいで安定しています。 室温30度

クリックすると拡大します

 

・周波数は半年以上前にルビジウム発振器と比較して1Hzの桁はあっていた周波数カウンターと比較しました。7Hzほど低いようです。最後の桁は安定していて、2か3を繰り返します。

クリックすると拡大します

 

・波形です。きれいな5Vの方形波がでていました。付いていた1枚のぺら紙には2Vp-pとなっていたのですが、特別仕様なのかもしれません。

クリックすると拡大します

・付いていたぺら紙による仕様

1.OUTPUT

 Frequency : 10.000 MHz

 Wave form : square wave

 Level : 2Vp-p ±10% into 50W

 Harmonics : < -25dBc

 Spurious : < -60dBc

 

2.STABILITY

 Ambient : < ±2x10-9 from -30℃ to +60℃

            (referenced to +25℃)

 Aging :

  a. Daily

    i. After 30 days       < ±1x10-9

    i. After 90 days       < ±5x10-10

  b. Yearly          < ±1.5x10-7

  c. 10 years       < ±4x10-7

 Voltage :    < ±5x10-10/±2% change

 Short term :  < 1x10-10/second

                    root Allan variance

  Phase noise

         a.  @ 10Hz : -105dBc

         b.  @ 100Hz : -125dBc

         c.  @ 1KHz : -145dBc

 

3.INPUT POWER

  Voltage : +24VDC

 

・付いていたぺら紙によるピンアサイン

 1.  Oven supply return

 2.  Oscillator Supply(*)

 3.  Frequency Adjust

 4.  Oven supply(*)

 5.  RF output

 6.  RF ground & Osc supply return

 7.  Case ground

 

 

ピンアサインの3ピンにFrequency Adjustと書いてあります。今回は未接続で使用しましたが、試しにGNDに接続すると7Hzくらい低くなります。精密に電圧調整できる回路を付けて次回調べて見たいと思っています。

 

 

inserted by FC2 system