HOME

 1)Windows用コントロールソフト

 

 MiniDDSをWindowsから操作するコントロールソフトを作りました。オリジナルのMiniDDSは以下のサイトをごらんください。

http://www.myplace.nu/avr/minidds/index.htm

 オリジナルと違う点は、オリジナルのシリアル通信のボーレートが115.2Kbpsであるのに対し、ボーレートを可変できる点です。115.2Kbpsでは通信エラーがあり、通信できなかったので、独自にコントロールソフトを作りました。なおボーレートを変更するにはAVR側のソースファイルも変更し、アセンブルリンクする必要があります。変更は各自でおこなってください。ここでは変更方法を示しません。

改良点

     シリアルポートのボーレートを低速のもので選べる

     シリアルポートをCOM1からCOM9まで選べる

     AVR側の水晶を別の周波数に変更できる。

     LOOPのサイクル数を変更できる。

          スピーカーが付いていれば音階が鳴る(演奏ができるわけではありません)

 プログラム

 

AVR用MiniDDS コントロールソフト

 VC6で開発しました。DLL等は必要ありません。ダウンロードして適当なフォルダで実行してください。なお設定記憶ファイルとしてdat.iniファイルを実行フォルダに作ります。

  動作環境: WindowsXPにて動作確認しました。他のWindowsでも動くと思います。お試しください。

 − 操 作 手 順 −

 本ソフトを起動してください。

 1) AVRの水晶に合わせて本ソフトの水晶周波数を設定してください。

 2) LOOPサイクル数、オリジナルどおりなら 9 を設定してください

 3) COMとボーレートを設定してください

 

 4) 出力波形を選んでください

 5) 周波数の増減、stepの増減をしてみてください

 6) 指定周波数を変更してセットしてみてください。近い周波数になります。

 7) スピーカーをつけている人は音階もでます(笑)

旧版(LOOP 9サイクル固定) ダウンロード(zipファイル) Ver1.0e 2007.2.22

LOOPサイクル変更可、音階付き ダウンロード(zipファイル) Ver1.0f 2007.2.26

 

inserted by FC2 system