HOME

BASCOM-AVR(Ver1.11.9.1) : 純正ライターAVRISPmkIIでHEXファイルを書き込む方法

(私が試行錯誤した結果です。違っている場合はご容赦ください)

 準備 

STK500.exeを使用するのでAVRStudio4(使用したのはVer4.14)がインストールされている必要があります。

 手順 

@AVR ISPmkIIをUSBに挿します。ターゲットボードにISPコネクタを接続しておきます。

ABASCOM-AVRを起動し、Option Programmer画面を開きます。

img1.gif

Programmer

STK500 extended (GUIが使用できます)

STK500 (DOS窓が開き自動でかきこまれます)

Auto Verify等チェック関連

STK500 extended (効果ありません)

STK500 (未確認、DOS窓が瞬時に閉じるため)

COM-port  BAUD

USBなので設定しなくてよいです。どの値でも無視される。

STK500EXE

AVRstudio4をインストールしたフォルダにあるSTK500.exeを選択してください。例 "C:\Program Files\Atmel\AVR Tools\STK500\Stk500.exe"

USB

選択できるものを選んでください。(必須)

上記の設定をしてください。

 

B書き込みをおこないます。ファンクションキーF4を押すか、下図の中央にある緑のICソケットアイコンをクリックします。

img2.gif

 

CSTK500 extendedを選んでいると下図の書き込み画面が現れます。

img4.gif

Programming Mode

Serial

Input Flash file

書き込むHEXファイル

Mode

Flash

Signature

一度は読めるか確認してください

Lock Byte

Fuse Bytes

V target

値をRead/Writeすることができます。ここで書くのもよいですが、AVRStudio4のGUI(ビットのON/OFF)を使った方が間違いがないと思われます。

AREF

Oscillator

Frequency

AREF、OscillatorはReadできません。Writeもしない方がいいかもしれません。Frequencyは書き込みクロックだと思われますが、値を設定しておいても効果がありませんでした。

上記の設定をおこなってください。

 

Eraseボタン

チップ消去

Programボタン

HEXファイルの書き込み

Read deviceボタン

チップから読み込み、別なファイルに読まれるようです。

Verify deviceボタン

HEXファイルとのコンペア

Pause

上記4ボタンを押すと、STK500.exeが起動しDOS窓が開きます。動作終了ですぐ閉じるので、そのまま開いておくにはチェックをします。

EraseボタンでFlashROMを消去してから、ProgramボタンでHEXファイルを書きこみます。そのあと、Verify deviceボタンでコンペアしてください。Option Programmer画面のAutoVerifyが働けばよいのですが、動作していないみたいです。

 

参考 STK500のヘルプより(コマンドラインの使用方法)

stk500 -dAT90S8515 -e -pf -if8515test.hex

 

Description:

stk500            Runs the file stk500.exe

-dAT90S8515       Set device to AT90S8515

-e                Erase flash

-if8515test.hex   Selects file "8515test.hex" to be programmed into flash

-pf               Program flash (with the selected file above)

 

-vf               Verify flash

-rf               Read flash

 

以上で解説おわり

 

inserted by FC2 system